tripla Connect

作成したセグメントをもとに、プロモーションメールの送信を行う事が可能です。※tripla Connectを利用するには下記の設定が必須となります。詳細はそれぞれの項目をご確認ください。

注意点

tripla Connectでは、公式ホームページに訪問した見込客のクッキー情報を基本として、予約情報・会員情報を追加し、顧客を趣向や行動履歴に従ってセグメント化します。設定したセグメントに対して、カスタマイズしたマーケティングアクションを設定することが可能となります。

そのため、公式ホームページと予約ウィジェットの間で、ユーザーの行動データを、同一のものとして識別し、今後提供予定の様々なMA(マーケティング・オートメーション)機能をご利用いただくためには、下記3つのドメインを同じもので設定していただく必要があります。

※ファーストパーティクッキー(1st Party Cookie)とは、ユーザーが訪問しているWebサイトのドメインから直接発行されているCookieのことです。ファーストパーティークッキーでは、異なるドメインをまたいでユーザーを追跡することができません。

導入前必要事項

  • Cookieの使用の同意をONに設定

tripla ConnectではCookie情報を元にユーザーへのターゲティングを行うため、ユーザーに対して該当サイトがクッキーを使用している旨、報告義務が発生します。Cookieの使用方法は下のリンクからご確認ください。

  • サブドメインの設定

通常ではiframeを使い予約エンジンを立ち上げますが、直近のブラウザ制限により、正しくユーザーのデータを計測出来ないため、予約ウィジェットをサブドメイン化する必要があります。サブドメインの設定方法は下のリンクからご確認ください。

SSLサーバ証明書を持っている場合

SSLサーバ証明書を持っていない場合

サブドメインの設定を行った場合、ご利用いただけるパラメーターが設定前とは異なります。

ご利用いただけるパラメーターは下のリンクからご確認ください。

サブドメイン化の基本情報と注意点

  • ファーストパーティークッキーの設定

サードパーティクッキーをユーザーのブラウザに埋め込みトラッキングを行っておりましたが、Google及びAppleが提供しているブラウザであるGoogle ChromeとSafariのポリシーが変更され、サードパーティクッキーが年内(2021年10月)で使えなくなることになりました。そのため、引き続きユーザーのトラッキングを行うためにファーストパーティクッキーに切り替える必要がございます。

ファーストパーティークッキーの設定については下のリンクからご確認ください。

  • LINE・FacebookログインをONにしている場合、設定が必要です

LINE・Facebookの設定については下のリンクからご確認ください。

  • カスタムメールドメインの設定

カスタムメールドメインの設定については下のリンクからご確認ください。

顧客セグメント作成機能

2024年1月1日以降、セグメントV 1はセグメントV 2に引き継がれます。同様に、V 1セグメントを利用する他のアプリケーションでは、その後V 2への移行が行われます。セグメントV 2への切り替えをお願いいたします。

[tripla Connect]→[顧客セグメント]を選択します。

作成したセグメントがある場合、セグメントの一覧が表示されます。各種セグメントの名前をクリックするとセグメントの編集ページに遷移します。

右上の[追加]を選択すると下の画像のような画面が表示されます。

以下の表の通り入力を行ってください。​

カテゴリ一覧

過去予約のデータはキャンセルされた予約を除外しています。

※予約の修正及び変更があった場合は最新のデータが使われます。

セグメントを複数組み合わせることも可能です。

例: 「過去に予約したホテル」と「過去予約のチェックイン」を組み合わせることで指定したチェックイン日以降に選択したホテルに宿泊したユーザーのみを対象に出来ます。

保存を押すとセグメントを作成が完了します。​

顧客セグメントV2

こちらの顧客セグメントではセグメントの組み合わせのみ(AND)でなく、単独の設定を複数組み合わせること(OR)も可能です。

[tripla Connect]→[顧客セグメントV2]を選択します。

[+新しい]を選択し、新規作成画面を立ち上げます。

※タイトルは必須です。

※カテゴリーを作成できるデータは最大70個まで

※カテゴリは AND / OR 演算子のいずれかで接続できます

カテゴリ・演算子・値を設定します。

日付で設定を行った場合、前日時点での情報で検索されます。

例:9月21日に設定した場合、8月22日から9月20日まで(30日)

※作成イメージ

ORもしくはANDで条件を設定し、' () 'を使用して接続を制御するかを選択する事が可能です。

例:

・「aかつb、もしくはc」の場合

→(a AND b) OR c

・「aかつb、もしくはcかつd」の場合

→(a AND b) OR (c AND d)

・「aかつbかつc、もしくはd」の場合

→(a AND b AND c) OR d

条件設定後画面右上の[refresh]を選択すると結果が取得されます。

取得された情報からIDを選択することで詳細を確認する事も可能です。

条件の設定を行い、保存をしてください。

AIが画像と文章を作成

本文に画像と文章をAIが自動で作成することが可能です。

・AIが作成した画像をメールに差し込むことが可能です。

[画像]を本文にドラッグします。

本文に表示された画像を選択します。

[MAGIC IMAGE]から[画像を生成する]を選択します。

テキストプロンプトの入力を行います。

日本語での入力は行えません。

英語で検索バーの右側のパーセンテージが100%になるまで命令文を入力してください。

翻訳サイト:https://www.deepl.com/ja/translator/

表示される内容を任意で選択をし[画像を使用する]を選択すると画像が挿入されます。

・AIが作成した文章をメールに差し込むことが可能です。

こちらの機能を使うには、ブランド管理画面の管理者設定[Open AI]が有効になっている必要がございます。

[Open AI]の設定方法は下記を確認ください。

[AI]を本文にドラッグします。

ドラッグすると、AIジェネレーター詳細が表示されます。 目的・施設・プロモーションを選択し、短い文書を入力後、[生成]をクリックします。

AIが作成した文章が表示されます。 文書の長さ・文体・翻訳を選択後、[再生成]をクリックすると、文章が再生成されます。 文章確認後、[メールに貼り付ける]をクリックします。

クリックと、本文に文書が反映されます。

プロモーションメールV1・V2作成機能

[tripla Connect]→[プロモーションメールV1]もしくは[プロモーションメールV2]を選択します。

作成したプロモーションメールがある場合、プロモーションメールの一覧が表示されます。

各種プロモーションメールの名前をクリックするとプロモーションメールの編集ページに遷移する事が可能です。

またセグメントV2では、[配信履歴]ボタンから作成したプロモーションメールを送信した履歴の確認、[配信予定]からこれ以降の送信予定を確認する事が可能です。

画面右上の[作成]を選択すると下の画像のような画面が表示されます。

以下の表の通り入力を行ってください。

※下の画像のように、画像の横に文章を入力すると送信されたメールをモバイルで開いた場合、縦長に表示され見辛くなる場合がございますのでご注意ください。

作成画面

受信画面

Gmailではメールの容量が102KBを超える場合、メールの本文が省略されることがあります。 102KBは文字数ですと半角10万2千文字となりますが、表示されている文字数だけではなく、HTMLソースというパーツの表示要素を記載したもの全てとなるため、テスト送信にてGmailで表示を確認し、全体が表示されない場合は、パーツを少なくしてボタンやリンクで飛ばす設計をお勧めいたします。

本文制作の際、オンラインサービスを利用したHTMLメールの制作方法もご参考ください。

​[サンプルメール]を送信するを選択すると指定するメールアドレスにサンプルメールを送信する事が可能です。

送信先は複数追加する事が可能です。

​確認が完了したら[保存]を選択してください。[メールを配信する]をクリックすると該当ユーザーにメールが一斉送信されます。​

プロモーションメールのコピー

コピーをしたいプロモーションメールを開き右上のコピーを選択します。

選択するとコピーされたプロモーション画面に遷移し、タイトル名に(1)が付きます。

自動メッセージでの設定

施設管理画面から[チャット]→[自動メッセージ]を選択します。

[自動メッセージ新規追加]を選択し、タイプを[アイコン]に設定する事でターゲットとなるユーザーセグメントを選択する事が可能です。

自動メッセージに関する詳しい情報は下のリンクからご確認ください。

SNSブロードキャスト

LineとMessengerを使用しメッセージを送信する事が可能です。

[tripla Connect]から[SNSブロードキャスト]を選択します。

画面右上の[作成]を選択します。

下の表のように設定を行ってください。

設定が完了したら保存を行ってください。

サンプルの送信を行います。

サンプルの送信を選択すると、LINE・facebookの画面が開かれます。

入力されているテキストを変更せず送信を行うと下の画像のような形でサンプルの確認が可能です。

※注意点 メッセンジャー・チャネルのユーザーセグメントは、LINEやFacebookなどのプラットフォームを通じてホテルとチャットをする個人です。LINEやFacebookでログインして予約ウィジェットにアクセスするユーザーは対象外です。

LINE画面

表示されたQRコードを携帯で読み込み、LINEを起動させサンプルの確認を行ってください。

QRコードを読み込むとLINE画面が開かれますので、文章を変更せず送信を行ってください。

facebook画面

[サンプルの送信]を選択するとFacebookMessengerの画面に遷移します。

文章を変更せず送信を行ってください。

最終更新